男性が婚活すると成婚までに、どのくらいの期間と費用がかかるの?

婚活にかかる費用

こんにちは。元マリッジカウンセラーのエレナです。

婚活を始めるとき、あなたもどのくらい費用がかかるのかは気になるところですよね。

今では婚活市場という言葉が出来るくらい婚活の手段も複数あり、その手段によって費用も実にマチマチです。中には男女によって料金設定が異なる場合もあるのです。

費用を少しでも安くしたいということであれば、かなり安くできる婚活の場もありますが、その分、自分で行動することが求められます。

もしあなたが女性慣れしていないのであれば、ある程度サポートがあるところをおすすめしたいところですが、その場合、費用面の負担は大きくなりがち。

そこで今回は、婚活している男性が結婚するのにかかる一般的な期間と、その期間でかかる費用について下記3つの婚活の場に分けて解説してみようと思います。

  • 婚活パーティー
  • 婚活サイト/婚活アプリ
  • 結婚相談所(データマッチング型、仲人型)

費用面が気になるなら、ぜひ参考になさってくださいね。

婚活パーティーでかかる費用

パーティー

「婚活 = 婚活パーティー」を思い浮かべる人は多いのではないでしょうか?

婚活パーティーは地域によっても異なりますが、パーティーやイベントは土日を中心に開催されることが多く、その参加のしやすさから多くの人が利用しています。

また婚活パーティーの参加費は比較的、良心的な価格設定なので取り組みやすいですね。でも、1回で終わるようなものではない点には注意が必要です。ここを忘れている人がたまにいらっしゃいます。

そのあたりも踏まえつつ解説しますね。

婚活パーティーで出会うまでの期間と費用

男性の場合、1回の参加費はだいたい4,000円~8,000円です。早い人なら3ヶ月で良い人と出会っていますが、6ヶ月~1年くらいで出会えるのが一般的です。

これを基に出会うまでにかかる費用を算出してみましょう。

仮に月に3回程度、婚活パーティーに参加したとして、かかる費用は1ヶ月で12,000円~24,000円です。

お相手に出会うまでの期間を6ヶ月~1年の間をとった9ヶ月だとすると、108,000円~216,000円になります。

婚活パーティーは一回の料金に目を奪われがちですが、何回も参加すると意外と高額になるのです。

9ヶ月活動したと仮定した場合
108,000円~216,000円

あわせて読みたい記事
婚活パーティーに向いている人
婚活パーティーに向いている人は社交的な人、話し上手な人、容姿に自信がある人です。でも今はぽっちゃり限定やオタク限定などのパーティーもあ...

婚活アプリにかかる料金

婚活アプリは、結婚を前提として交際する異性を探す専用アプリです。婚活手段の中では一番リーズナブルな金額で、いつでも気軽に始められます。

また婚活アプリに似たアプリに恋活アプリがありますが、ここでは婚活専用である婚活アプリに絞って解説しますね。

婚活アプリで出会うまでの期間と料金

婚活アプリの1ヶ月の平均的な料金に男女差はなく、4,000円~5,000円くらいです。また利用を開始してからお相手が見つかって退会するまでの期間は、8ヶ月~1年くらいが一般的です。

なお婚活アプリでメッセージ交換を始めた後、実際に会うまでの平均的な期間は約2週間です。(SNSなどの声から情報収集した平均値)

結婚相談所だと面談から始まり、写真撮影、プロフィール作成など初月はこれで潰れてしまうので、それに比べれば婚活アプリは出足が早いと言えます。

ただ婚活アプリでの特徴として「会って見極める」タイプと「メッセージ交換で関係を築いてから会いたい」タイプに分かれます。割合としては半々くらいですが、会えるまでの期間が大きな開きがありました。

元マリッジカウンセラーの経験からアドバイスするなら、まずは1回会ってみましょうと言いたいところですが、お相手もあることなので上手く調整できないこともあるでしょうね。

さて。会うまでの期間は余談でしたが、以上を基に成婚退会(出会って退会する)するまでかかる料金を算出してみましょう。

仮に10ヶ月で成婚退会したなら、40,000円~50,000円がかかる料金ということになります。

10ヶ月活動したと仮定した場合
40,000円~50,000円

あわせて読みたい記事
婚活アプリに向く人
婚活サイト/アプリは、どうなのという疑問にカウンセラーとしての視点を交えて答えてみました。やはり最大のメリットは価格。コミュ力があって...

結婚相談所でかかる費用

結婚相談所には、データマッチング型と仲人型の2タイプがあります。

データマッチング型の結婚相談所は、あなたが登録した情報を基にコンピュータがマッチングするシステムで、多勢の会員の中からあなたに合いそうな異性を効率よく探せるのが特徴です。代表例にオーネットツヴァイがあります。

一方、仲人型は人の仲介、紹介を通してお相手探しをしていく結婚相談所です。あなたの話を聞きながら婚活プランを立て、成婚に向けて専任の担当者がついてサポートしてもらうことができます。1人で婚活しているという認識が薄い分、いろいろな場面で安心感があるのが最大のメリットです。大手の代表例にノッツェIBJメンバーズパートナーエージェントがあります。(※プランにより仲介がないものもあります)

データマッチング型と比べ、費用面で高くなる傾向にありますが、交際期間が非常に短いという特徴もあります。

では、まずデータマッチング型について考えてみましょう。

データマッチング型結婚相談所で成婚退会するまでの期間と料金

結婚相談所では入会金・登録料などの初期費用に加え、月会費が必要となります。

一般的に登録料は30,000円です。正直、30,000円以外の価格を見たことがないので業界標準なのでしょう。次に登録料以外にかかる初期費用として100,000円~150,000円、月会費は10,000円~16,000円です。

データマッチング型の結婚相談所で成婚が決まるまでの平均的な期間は、8ヶ月~1年くらいです。

これを基に成婚までにかかる期間を仮に10ヶ月とし費用を算出すると初期費用として130,000円、月会費は100,000円~192,000円程度の費用が必要となります。

総額にしてみると230,000円~322,000円ということになります。

データマッチング型の結婚相談所の場合は、成婚料の設定がないのが一般的です。成婚料の設定がある場合でも、仲人型の結婚相談所よりはリーズナブルな金額設定になっています。

10ヶ月活動したと仮定した場合
230,000円~322,000円

あわせて読みたい記事
結婚相談所には仲人型とデータマッチング型の2つのタイプがあるのをご存知ですか?この記事では仲人型との違いを交えながら、どんな人に向くの...

仲人型結婚相談所で成婚退会するまでの期間と料金

仲人型結婚相談所も登録料、その他初期費用、月会費が必要となるのが一般的です。それに加え、成婚料の設定があるのが一般的です。

成婚料とは仲人さんへの成功報酬で、お相手が見つかって退会するときにかかる費用のことです。

仲人型の結婚相談所の場合も登録料は、30,000円です。それ以外の初期費用として80,000~100,000円がかかり、月会費は10,000円~15,000円くらいです。

またこの他にお見合いが組まれるごとにお見合い料として5,000円~10,000円が必要になることがあります。

仲人型の結婚相談所は、中小規模が多く価格設定は実にさまざまです。業界としておおよその決まりはありますが、多くが個人事業主なのでお見合い料がある・なしも自由に設定できるのです。

次に仲人型の結婚相談所で結婚相手が見つかるまでの期間は、早い人で1ヶ月~3ヶ月。平均すると6ヶ月~10ヶ月くらいが一般的になります。

これを基に結婚までかかる費用を算出すると登録料を含めた初期費用として110,000円~130,000円。6ヶ月で結婚が決まった場合は月会費が60,000円~90,000円。月3人の異性を紹介されて、7人目の人と交際を続けたと仮定するとお見合い料は35,000円~70,000円になります。

さらに成婚料が必要となり、その費用は50,000円~300,000円まで幅広い設定になっています。

総額で255,000円~590,000円になる計算です。実際には初期費用が安いところは成婚料が高く、初期費用が高いところは成婚料が安い傾向にあります。

ですから30万円から50万円程度と考えればいいでしょう。

6ヶ月活動したと仮定した場合
255,000円~590,000円

あわせて読みたい記事
仲介型の結婚相談所に向いているのは、こんな人
結婚相談所は、婚活の場としてなかなか候補に上がりにくいのですが、こんな人にこそ使ってほしいです。あなたの良さを探し気づかせてくれるのが...

価格破壊型結婚相談所の費用

結婚相談所業界にも価格破壊にチャレンジしている会社があります。それがゼクシィ縁結びエージェントとエン婚活エージェントです。

ゼクシィ縁結びエージェントは、全国に24店舗もある仲人型でありながら成婚料が0円。初期費用も登録料の30,000円のみ、月額16,000円(スタンダードプラン)という価格で展開しています。

どう考えても利益が出そうもありませんが、おそらくですがゼクシィブランド全体で利益を確保するというビジネスモデルで運営しているのではと思われます。つまり結婚式までトータルでサポートすることを狙っての展開かと。

そしてエン・ジャパンが運営するエン婚活エージェントは、オンライン型結婚相談所です。オンラインというと婚活サイトかと思ってしまいますが、エン婚活エージェントは歴とした結婚相談所です。

店舗もあるので店舗面談も可能ですが、基本は電話とメールで連絡を取る体制です。そのため安くできたという珍しいタイプの結婚相談所です。

初期費用は登録料の9,800円のみ、あとは月額12,000円だけです。こちらも成婚料やお見合い料の設定がありません。

ゼクシィ縁結びエージェント、エン婚活エージェントともに仲人型の結婚相談所ですから活動期間を6ヶ月と仮定して費用を算出すると以下の通りでした。

6ヶ月活動したと仮定した場合
ゼクシィ縁結びエージェント: 126,000円
エン婚活エージェント:81,800円

あわせて読みたい記事
ゼクシィ縁結びエージェントは、どうなの?
この記事では結婚情報サービスであるゼクシィ縁結びエージェントは、どんな人に向くサービスなのか、またメリットとデメリットなどについても解...

まとめ:男性は、これに加えてデート代も必要

男性が婚活するとき、どのくらい費用がかかるか把握しておくことは重要です。その理由は男性の場合、婚活に関する費用とは別に女性とデートするときのお金も必要になるからです。

婚活に費やす時間が長くなるほど、かかる費用も増えてしまいます。婚活は短期決戦だと考えてダラダラと長期的に構えない方が成功する確率が高いのです。

あなたも、どの婚活手段で・どのくらいの期間を目標に婚活するか、最初にきちんと計画を立ててみることをおすすめします。

 コメント/質問、お気軽にどうぞ。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

お見合いしてみたい

お見合いしてみたい!どうやったら体験できるの?

すごろくノート術の活用

婚活の進め方で迷うなら、すごろくノートを活用してステップを明確にしよう

結婚相手に選ぶ決め手は?

結婚相手を決める時、どんなところを重視すればいい?決め手は何か?

婚活アプリで、うまくいかないときに確認したい3つのポイント

恋愛経験がない男性は、どこで婚活すべき?

恋愛経験なしの男性が婚活するには、どんな場所を選べばいいの?

婚活がうまくいかないときは活動場所を変える

婚活がうまくいかない男性に教えたい、2つのポイントと活動場所

テキストのコピーはできません。