「結婚しなくちゃいけない」という思い込みから解放されるために

結婚しなくちゃいけないという思い込み

こんにちは。心理カウンセラーのクリスです。星マーク

今回は「結婚しなくちゃいけない」という考え方に囚われて、苦しい思いをしている男性に向けてのメッセージです。

結婚する・しないは本人の自由ですが、「結婚しなくちゃいけない」というのは思い込みです。しかしこの思い込みのために、自分を辛くしている男性(女性もそうですが)の多いこと。

「結婚しなくちゃいけない」の呪縛から解き放たれるには、あなたがそう思い込んでしまうに至った原因に気づくことです。

「結婚しなくちゃいけない」という思い込みの原因

以下は、「結婚しなくちゃいけない」のよくある思い込みの原因です。

  • 両親や周囲の人から「結婚しなくちゃいけない」と刷り込まれている
  • 「他人と同じようにしないと」と思い込んでいる
  • 結婚している人と自分を比較してばかり

それでは、ここから各原因を詳しく掘り下げて解説します。「結婚しなくちゃいけない」と聞くだけで胸が苦しく人もいるでしょう。ゆっくりと読み進めてくださいね。

両親や周囲の人から「結婚しなくちゃいけない」と刷り込まれている

家族からの刷り込み

「結婚しなくちゃいけない」という考えに悩み苦しんでいる人は、両親や周囲の人からそう刷り込まれている場合があります。

考えてみてください。生まれた赤ん坊には「結婚しなくちゃいけない」という考えはありませんよね。ということは、成長して「結婚しなくちゃいけない」と考えている人は、成長段階でその思考を刷り込まれたと考えられます。

最も影響が大きいと考えられるのは、両親や周囲の人からの言動でしょう。

例えば幼少期から、「お前は天才だ」「お前は何でもできる」「お前はすばらしい」といわれて育った子供は、その気になって良い意味で自信を持って育ちます。

一方、「お前はダメな子だ」「もっとやらなくてはダメだ」「〇〇さんよりも良い結果を出せ」と言われて育った子供はどうなるのかというと・・・。

ダメ出しをされながら育った子供は、自己否定するクセが付き、失敗を恐れて、自分に自信が持てない大人になりがちです。

つまり、あなたが「結婚しなくちゃいけない」と思って苦しんでいるとすれば、それはただ単に周りの大人の影響だということです。

あなたの本心は「結婚はしたいけれど、周りにとやかく言われたくない」「結婚するかどうかは自分の意志で決めたい」と思っているのではないですか?

結婚というものを知った時から、周りから「結婚して当たり前」「結婚して一人前」と教えられながら今に至ったことが、悩み・苦しみ・抵抗となっているわけです。

ですので、まずは以下のことに気づけると良いと私は思います。

  • あなたには自由意思がある
  • 結婚しようがしまいが、あなたは自分で決めることができる
  • 結婚はしたいからするのであって、しなくちゃいけないからするものではない

これらのことに「やっぱりそうだよな」と思えるあなたなら、自分の思い込みを変えていくことができますよ。

「他人と同じようにしないと」と思い込んでいる

みんなと一緒

「結婚しなくちゃいけない」という考えに苦しんでいる人は、「他人と同じようにしないと」と思い込んでいる場合があります。

世の中には「多数決」というものが存在します。多数決には良い点もありますが、マイナスに働くと「多数意見の方が正しい」という決めつけにつながりやすいです。

あなたには以下のような思い込みがありませんか?

  • 多数意見には従わなくてはいけない(従っていた方が安心)
  • 皆が結婚しているのだから、自分もした方が良い(しなくちゃいけない)
  • 多数意見に逆らってはいけない

時代をさかのぼるほど「多数意見を良しとする」傾向は強かったのではと思います。多数に逆らうと「出る杭は打たれる」的なことがあったり・・・。

しかし、令和の時代に入って、「結婚しなくちゃいけない」という考えは以前よりはかなり減ってきているのではないでしょうか。結婚する・しないも自由であるという意見が世の中にはより広まってきています。

多数意見が絶対に正しいとは言えません。あなたが結婚したいなら結婚に取り組めば良いでしょう。

「結婚しなくちゃいけない」と思いはじめたら、一度立ち止まってください。したいからするのか、しなくちゃという思いでするのか、自分自身にじっくりと聞いてみることです。

「やっぱり結婚したい」という気持ちが強く湧いてくるなら、その気持ちで結婚に臨むと良いでしょう。

もしあなたが婚活自体にめげそうな(めげている)ときは、こちらの記事をご覧ください。

あわせて読みたい記事
婚活でめげないために
今回は婚活をめげないで続けるための3つの大事な考え方をお伝えします。婚活をしていれば「お断り」があることは仕方ありません。めげそうにな...

結婚している人と自分を比較してばかり

他の人と比べてしまう

「結婚しなくちゃいけない」という考えに苦しんでいる人は、結婚している他人と自分を比較してばかりいる場合があります。

結婚した友だちや知人たちと自分を比較して、結婚できていない自分をダメだと思い込んでしまうのです。結婚した人から「結婚はいいものだ」「早く結婚した方がいいよ」等と言われると なおさら落ち込んでしまいます。

しかし、私の経験上、結婚して不幸になっているかなりの数の人に出会っています。結婚当初は幸せいっぱいであっても、その後、皆幸せが必ず続いているとは言えません。

もしあなたが「結婚できている人はいいな」と思うことは、ただの幻想や勘違いかもしれませんよ。幸せな人は、自分と合うパートナーを見つけたからであって、「とにかく結婚したから幸せ」なのではありません。また、結婚をしなかったから幸せだという人もいるでしょう。

したがって、結婚している人と、していない自分を幸せの観点から見て比較すること自体が無意味なのです。

あなたが「結婚しなくちゃいけない」と悩んでいるとしたら、まずは他人と自分を比較しないことです。比較をやめると、以下に自分に無用なプレッシャーをかけていたかに気づけるでしょう。

またもし婚活に対してマイナスなことばかりが思い浮かぶなら、こちらの記事も参考になるはずです。

あわせて読みたい記事
気が滅入るときの気持ちをリセットする方法
気が滅入ることは誰にでもあることです。まして断られることもある婚活では、なおさらです。そこでこの記事では気が滅入った心を軽くする方法を...

「結婚しなくちゃいけない」は勘違いの思い込みのまとめ

「結婚しなくちゃいけない」の呪縛は、とても強くあなたを苦しめると私は思います。「結婚しなくちゃいけない」と苦しみながらがんばるほど、幸せな出会いは遠のくのではないかと私は思います。

「結婚しなくちゃいけない」「皆が結婚しているから自分もした方がいい」「結婚すれば幸せになれる」と思っているとしたら、すべてあなたの勘違いの思い込みでしょう。

もしこれからも「結婚しなくちゃいけない」と思いはじめた自分に気づいたら、今回紹介した思い込みのパターンに陥っていないか、振り返ってみてください。

「結婚しなくちゃいけない」の呪縛から解き放たれると、おそらく羽が生えたように身も心も軽くなりますよ。また新たにハツラツとしたあなたで婚活に向かえるでしょう。

 コメント/質問、お気軽にどうぞ。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

振られそうな前兆を見逃さない

婚活でのショックがつらいなら、振られそうな兆候を察しなさい

婚活で断られるのが辛い、怖いを乗り越えるための3つのヒント

婚活疲れ。もうやめたいと思ったら

婚活に疲れたから、もうやめたい!そんなときに試したい4つの心理ケア

自信をつける5つの方法

自信をつける5つの方法|男の自信をつけて婚活へトライ!

婚活でのメールが苦手な男性

婚活でのメールが苦手な男性に伝えたい!その気持ちへの対処法

勇気を持つための3つのコツ

婚活する勇気がない男性へ!一歩を踏み出すための3つのポイントを教えます

テキストのコピーはできません。