結婚相談所で結婚できる確率は?成婚率を聞き出す正しい質問とは?

こんにちは。元マリッジカウンセラーのエレナです。ハートマーク

婚活をしていてあなたも「結婚相談所に入会して結婚できる確率は、どのくらいなのか?」と疑問に思ったことはありませんか?

結婚相談所に入会をするとなると入会金、登録手数料、月会費などの費用もかかるし、高いお金を払って入会したなら良縁に恵まれ、理想としている女性と出会って結婚が決まって結婚相談所を退会したい。そう思うのは当然です。

「でも結婚相談所の成婚率って実際は、どうなの?」と思ってインターネットで検索をしてみると成婚率は10%とか50%。中には90%以上など、多くの情報があって「どれが本当のことなの?」と思ってしまいますね。

どの結婚相談所も成婚率は高く見せたいもの。でもなぜここまで数字に開きが出来てしまうのでしょうか?

実は成婚率の定義が結婚相談所ごとに違うため、このように数字に大きなばらつきが出ているのです。このような実態があるため結婚相談所が公表している数字だけ見ていては1人で悶々としてしまいます。

そこで今回は、結婚相談所での成婚率の違い、より正しい成婚率を聞き出す質問について書いていきたいと思います。

各相談所によって違う成婚率の出し方

成婚率の出し方は婚活業界内で、きちんと統一された算出方法がありません。

だから成婚率の出し方は、それぞれの相談所によって異なり以下のような2つの考え方があります。

  1. 「成婚退会をした人数 ÷ 在籍するすべての会員数」= 成婚率
  2. 「成婚退会をした人数 ÷ 退会した人数」= 成婚率
成婚率の円グラフ

1は会員全体からみた成婚退会の割合。2は退会した人のうち成婚退会した人の割合です。

結婚相談所に入会をしようと思って「こちらの相談所での成婚率は、どのくらいですか?」と質問をすると、答えが曖昧になってしまうのはこのためです。

なお1、2のどちらがいい、悪いはありません。あくまで数字の見せ方の違いだけですね。ちなみにあなたも気になるであろう結婚相談所を利用すれば、どのくらいの割合で結婚できるのかをより的確に表しているのは2と言えるでしょうね。

ですから2の数字を聞き出したいなら「退会をした人の中で、きちんと成婚退会した人の割合は、どのくらいですか?」と質問をした方が的確な答えが返ってきますよ。

1は仲人型の結婚相談所でよく見かけます。これは仲人さんから見た数字とも考えられますね。抱えている会員さんのうち、このくらいの割合である期間(例えば毎月)に成婚しているというのが1ですから。これは仲人さんの成績ですね。ちなみに1の場合の一般的な割合は10%から20%で、20%を超える仲人さんはとても優秀な方です。

結婚相談所の業界でいう「成婚」の意味とは?

結婚相談所の業界で成婚というのは「心から結婚したいと思えるお相手が見つかったので、入会をした結婚相談所から退会すること」と定義されていることが多いです。

だから「男性から女性に結婚のプロポーズをして、女性がOKの返事をした」というのが一般的ですが、例えば

  • お互いの家族と顔を合わせ、食事会をした
  • お互いの家を行き来して、半ば同棲を開始した状態になった
  • 2人で宿泊を共にして、肉体関係をもった
  • お互いに結婚を意識しながらも、継続して交際をするかどうかを真剣に見極めているような状態が6ヶ月以上続いている

というような4つのうちの、どれかに該当するような場合も相談所によっては成婚と定義しているところもあります。

多くは結婚を前提としたお付き合いをスタートさせ退会することが成婚とされていますが、中には婚約までしっかりサポートしてくれる結婚相談所もあります。

このように成婚の定義が微妙に違っているので、結婚相談所を選ぶ時には「どんな行動をしたら成婚という扱いになるのか」をきちんと確認しておくことも大切でしょうし、単純に成婚率を比較することに意味がないことが分かってくると思います。

あわせて読みたい記事
成婚退会とは?
成婚退会とは、どのような条件・定義を言うのでしょうか?結婚相談所によって大きく2つの定義があります。また成婚したとみなされる行為につい...

「成婚料」の費用が明記されているか確認を

結婚相談所といっても大手から個人事務所まで幅広く、それぞれが独自の特徴を活かし運営しています。

婚活を始めようとする時に成婚料という費用が明記されている相談所と、成婚料がなしと書かれている相談所があります。

結婚相談所の規模が大きい、小さいに関わらず成婚料を明記しているということは、「所属する会員さんが成婚に至るまでのサポートは惜しみません」という運営方針の表れだと考えて間違いありません。

成婚料の費用が発生しない相談所は「所属する会員さんの成婚に向けて努力をしていない」というわけではありませんが、根本的な運営方針の確認は必要ですね。

大手の結婚相談所は結婚情報サービス(データマッチング型)という分類で成婚料がない代わりにカウンセリングなどのサポートもない、少ないことも多いです。

対して中小規模の結婚相談所は、仲人型に分類され専任のカウンセラーや仲人さんが付きます。この違いを知らないと「結婚相談所に入会するまでは一生懸命だったけど、入会しちゃったら放っておかれているようで対応に不満」ということも、あり得ます。

結婚相談所を選ぶ時は規模や見た目ではなく、本質や担当者と自分の相性などを考慮して実際に足を運んでみるのがベストです。

まとめ:成婚は相談所とあなたの努力次第

結婚相談所に見学に来られた時に「結婚相談所に入会したら、必ず運命の人に出会えますか?」という質問をされることは多いですが、「はい。必ず会えますよ」とはいえません。

結婚相談所に入会をすれば今までよりも出会いの数が増えますが、「入会をしました。登録を済ませましたよ。あとは全部、相談所の担当者に丸投げでお任せします」と安心してはいけません。

目の前に「この人と交際をしたい」、「将来は、この人と結婚したい」と思える女性が現れたら、そこから先は相談所の担当者も、あなたも努力し頑張ることが必要になってきます。

本当に結婚できるかどうかというのは

  • 自分に合った結婚相談所を選ぶ
  • 担当者を信頼することができ、コミュニケーションしやすい
  • 積極的に、前向きに婚活を続ける

ことで「成婚できる確率が高い人」になっていくのです。

だから、成婚率を上げたいなら最初に「所属する結婚相談所をどこにするか?」というのは大切なポイント。良縁に巡り合うには、担当者を選ぶところから始まってるんです。

この3つのうちの、どれか1つが欠けても、成婚が遠のいてしまいます。さあ、あなたも始めませんか?結婚活動を。

 コメント/質問、お気軽にどうぞ。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

結婚相談所で婚活する場合は、いつ頃プロポーズをするの?

押さえておきたいお見合いのポイント

婚活が進展しない。お見合いから仮交際に進展させるコツは?

お見合いのマッチング率を上げるには?

お見合いやメッセージ交換まで、なかなか進まない!進展させるにはコツがある

結婚相談所でうまくいかない、そんな時にチェックしてほしい7つの点

お見合いの流れ

仲人型の結婚相談所でのお見合いの流れ。知っておきたいポイントなど

結婚相談所に入会をする時に必要な書類は?費用の相場はどのくらい?

テキストのコピーはできません。