婚活をめげないで続けるために知っておきたい3つの大切な考え方

婚活でめげないために

こんにちは。心理カウンセラーのクリスです。星マーク

今回は婚活をめげないで続けるための3つの大事な考え方をお伝えします。

婚活をしていれば、「お断り」があることは仕方ありません。「お断り」が連続したり、かなりお気に入りの相手から断られたりすると、気持ちがめげそうになることもあるでしょう。

ただ、めげそうな気持ちを引きずったまま次の婚活に向かうことはマイナスです。あなたの魅力が十分に発揮されず、成功率は下がっていってしまうと考えられます。ですので、この記事でお伝えする考え方をしっかり理解して、「めげないあなた」に変身してください。

婚活でめげないための3つの考え

心理カウンセラーとして、ぜひ伝えたいのが婚活でめげないための3つの考え方です。

それがこちらです。

  1. 婚活への強い執着は捨てる
  2. 「めげない」ことは、「休まない」ことではない
  3. 結婚しなくても幸せと言える自分作り

それではここから、3つの考え方を詳しく掘り下げて解説します。

1.婚活への強い執着は捨てる

婚活でめげないあなたになるには、婚活への強い執着は捨てることです。

その執着とは、「結婚しなければならない」という考えです。そう考えてしまう理由は以下のような思考からくるのかもしれません。

  • 結婚できなければ情けない、男として失格
  • 結婚しないという人生は無い
  • 結婚しなければ幸せになれない
  • 家の事情や世間体があり結婚しなければならない

他にもさまざまな理由はあり得ますが、とにかく婚活にめげてしまうのは、「結婚」にしがみつく気持ちが強いからです。

「執着」というものは本人をとてもつらくし、気持ちをどんどんマイナス傾向にさせます。結婚しなければと「必死」になってしまうわけですね。

必死になる男性

結婚に執着し婚活に必死になれば、あなたから出る「必死オーラ」を感じた相手女性はおそらく引いてしまうでしょう。それで婚活がさらに上手くいかなくなり、余計に必死になってしまう・・・という悪循環に陥ってしまいます。

私の考えですが、結婚は「したい」からするものであって、「しなければならない」ものではありません。「しなければならない」との考えを持ち続けると、おそらく自分で自分を苦しめていくことになりますよ。

執着してしまうクセはそう簡単には変えられないかもしれません。ただ、婚活にめげてしまいそうなときに、「執着している自分」に気づくだけでもめげてしまう気持ちが和らぎますよ。

必死になっていた自分に気づいたら、一度大きく深呼吸をして、体から執着を吐き出しましょう。この繰り返しが、あなたの思考のクセを変えていきます。

あわせて読みたい記事
結婚しなくちゃいけないという思い込み
「結婚しなくちゃいけない」という考え方に囚われて苦しんでいる方に向けて書いてみました。結婚をするか、しないかは自由であるのに、周りから...

2.「めげない」ことは、「休まない」ことではない

婚活でめげないためには、マイペースで休みながら取り組むことです。

趣味に興じ休息を取る男性

婚活でめげてしまう人には「めげてはいけない」と考えてしまう人が多いように私は思います。「めげる=負ける」のように感じてしまって、気持ちを休めることなくトライし続けてしまうのですね。しかし上手くいかないことが続くと結局はめげてしまいます。

ですので、婚活の途中に疲れてきたら、一定期間の休憩を挿むことをおすすめします。疲れた気持ちのまま婚活に臨んでは、あなた本来の魅力が相手には伝わりにくいですよ。良い縁も遠ざかってしまうでしょう。

また、「休んでいる間にチャンスを逃してしまうかも」というマイナス思考も働いてしまうのかもしれません。しかし、人間には身体的にも精神的にも休みは必ず必要です。「しっかり休んで、またイキイキ・はつらつとした自分で婚活しよう!」というプラス発想のほうをおすすめします。

婚活にめげそうだと感じ始めたときは、きっとそれが「休憩をした方が良い」というサインですよ。

3.結婚しなくても幸せだと言える自分作り

婚活でめげないあなたになるには、「結婚しなくても幸せになれる」自分作りをすることです。

これは何も、結婚をあきらめるように言っているのではありません。婚活には大いに励みつつ、ただ結婚する・しないに関わらず、あなたには幸せな人生の道があるということに気づいて欲しいのです。

それが婚活でめげないコツです。

先にお伝えした「執着」に共通する部分がありますが、あなたは「結婚できなければ不幸」だと思っていませんか?

私の経験上の話ですが、結婚して幸せになった方と、結婚しても幸せではない方を大勢見ています。ただ、夫婦間の悩みでカウンセリングにお見えになる方は年々増えています。結婚したことで生まれる問題は尽きないようですね。

もしあなたが婚活にめげているなら、私はこう言います。「結婚できるかどうかを、幸せの基準とは考えないように」と。

次の2点のことをシンプルに実践してみてはいかがでしょうか?

  • 結婚したければ、大いに婚活に励む
  • 婚活が上手くいかなかった時は、素直にその自分を受け入れる

気に入った相手には、精一杯トライしましょう。そして、ダメだったときはそのご縁はスパッとあきらめるという覚悟をしておきましょう。そう意識すれば、婚活にめげないあなたに変わっていけますよ。

婚活相手から断られることがつらいと感じることが続くようでしたら、こちらの記事もご覧ください。

あわせて読みたい記事
婚活をしていれば断られるのは当たり前。でも断られるのが辛い、怖いと思ってしまう男性も少なくありません。日常生活でなかなか経験してこなか...

まとめ:婚活が上手くいかなくてもあなたはダメではありません

婚活でめげてしまうのは、婚活が上手くいかない自分を「ダメだな・・・」と思ってしまう時です。しかし結婚は「ご縁」ですから、「お断り」が続くこともあり得ます。

ただ、めげたくない時や、めげてきた時には、今回お伝えした3つの考え方を繰り返し思い出してください。あなたにはまだまだ人生においてたくさんのチャンスがありますからね。

もし婚活に対してのマイナス思考からどうしても抜け出せない時は、こちらの記事もご覧ください。

あわせて読みたい記事
マイナス思考から抜け出すには?
今回は、婚活に悩む男性がマイナス思考から抜け出す方法をお伝えします。ポイントはプラス思考を目指さないことなのです。プラスを目指す以前の...

 コメント/質問、お気軽にどうぞ。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

勇気を持つための3つのコツ

婚活する勇気がない男性へ!一歩を踏み出すための3つのポイントを教えます

早く結婚したいと焦る男性に教えたい、焦り克服の3つのポイント

振られそうな前兆を見逃さない

婚活でのショックがつらいなら、振られそうな兆候を察しなさい

恥ずかしくて友達に言えない?

結婚相談所を利用するのは恥ずかしい?友達に言えない?

人見知りを克服するために試したい

婚活中の男性が、人見知りを克服するために気軽に試せる3つの事

婚活疲れ。もうやめたいと思ったら

婚活に疲れたから、もうやめたい!そんなときに試したい4つの心理ケア

テキストのコピーはできません。