結婚相談所のことを親に内緒。言えない男性が楽になる3つの考え方

結婚相談所のことを親に内緒

こんにちは。心理カウンセラーのクリスです。星マーク

今日の気分はいかがですか?

このところ、婚活での悩みを抱えている男性が後を絶ちません。その中には、結婚相談所に行っていることを恥ずかしく思い、親に内緒にしていることへの罪悪感に悩んでいる男性がいらっしゃいます。

ただ、結婚相談所に行くことは恥ずかしいことなのでしょうか?
結婚相談所のことを親に話せないのは、いけないことなのでしょうか?

悩んでいる方からすれば、言葉に詰まる質問かもしれませんね。それでも親に話せないから、悩んでるんだよという声が聞こえてきそうです。

そこで今回は結婚相談所のことを親に内緒にしている男性に向けて、気持ちが楽になる考え方をお伝えしようと思います。

親に内緒にしたい男性が気持ちを楽にする3つの考え

本を手に、微笑む男性

親に話さなくてもいい

結婚相談所に行っていることを、あなたは別に親に話さなくてもいいのです。では逆に、話さなくてはならない理由がありますか?

それは「親だから」でしょうか。

本人と親との間には、当人同士にしかわからない今までの親子関係があるでしょう。そのため、それを知らない第三者の私が「こうするべき」とは言えません。

ただ、このお悩みを持つあなたは、本当に純粋で正直な方なのだろうと、私は思います。あえてカウンセラーの私から提案するとしたら、「無理に話さなくてもよいのでは」というものです。

表現を変えれば「話すという選択もあるし、話さないという選択もある」です。

あなたはもう成人しています。自分のことは自分で決めていい年代です。しかし、話せないことが悩みになってしまう原因は、「話さなくてはいけない」という思い込みがあるからです。

この「親には話さなくてはいけない」という思い込みは、世界共通のルールではなく、あなたが自分に課しているだけのルールです。もし悩めるなら、そのルールを変更してはどうですか?

話しても話さなくてもいいというスタンスで、この問題に向き合うことをおすすめします。「今」話したくないのなら、その気持ちに素直に従って良いのではないでしょうか。

恥ずかしいと思う自分を否定しない

落ち込む男性

結婚相談所に行っていることを、恥ずかしいと思う自分を否定しないでください。

自己否定は、「恥ずかしいこと」以上にあなたを苦しめます。親に話すか話さないかを考える前に、自分を否定することはしないようにと、私はまずあなたに伝えたいです。

人は皆、価値観が違います。結婚相談所の存在をすばらしいと考える人もいますし、否定的な見方をする人もいますが、それは仕方がないことです。

そのため、あなたがもし結婚相談所に行っていることを恥ずかしいと思うなら、それはあなたの素直な反応です。そう思う自分を責めないでくださいね。恥ずかしいと思うことは別に悪いことではなく、自然な人間の感情です。

もしよければ、結婚相談所に対しての、世の中の人の見方をリサーチしてみてはいかがですか?

結婚相談所を利用することは、「必要・不必要」「良い・悪い」「その人の自由」「恥ずかしい」「すばらしいシステム」などと、意見は賛否両論でしょう。あなたと同じように考える人もいますし、そうでない人もいます。

ただいろいろな人の捉え方が実際にあることを知れば、結婚相談所に行くことが、それほど恥ずかしいことだとは思わなくなってくるはずです。

いずれにしても「結婚相談所に行くことを恥ずかしいと思う自分」を、まずは否定しないでくださいね。

恥ずかしいと思ってしまう原因と、その気持ちへの対処法については、↓ こちらの記事に書きましたので、あわせてご覧ください。

あわせて読みたい記事
恥ずかしくて友達に言えない?
結婚相談所を利用していることを、恥ずかしくて友達に言えないという方がいっらっしゃいます。恥ずかしいという思いの根底には劣等感が隠れてい...

親に理解してもらおうとは思わないこと

結婚相談所に行っていることを親に言えずに悩んでいるなら、親に理解してもらおうとはあまり思わないことです。

あなたもあなたの親も、それぞれひとりの人間ですから、ものの考え方や価値観の違いが当然あります。親の時代と今の時代を比べたら、とくに結婚においては、捉え方は相当違うでしょう。

その親に対して、あなたが選んだ男女の出会い方のひとつを、「あえてわかってもらわなくても良いのでは」というのは、あくまで私の意見です。

一番大切なことは、「どうやって出会ったか」ではなくて「幸せになれるかどうか」だと私は思います。

もし結婚相談所でのご縁で、あなたが結婚に至ったなら「この人と幸せになります」とだけ報告できれば、それだけで皆がハッピーになれると思うのですがいかがですか?

結婚相談所に行っていることに一番こだわっているのは、実はあなた自身かもしれませんよ。

親に言えないのまとめ

今回は、結婚相談所のことを親に内緒にしている男性に向けて、気持ちが楽になる考え方をお伝えしました。

もし、親に言った方がいいのか言わない方がいいのかという点で結局悩むのなら、私は「あなたが楽になれる方を選ぶ」ことをおすすめします。

親に言って、あれこれ言われるかもしれないけど、それであなたが楽になれそうだったら言ってみてはいかがですか?

あえて親に言わない方が楽でしたら、そうすることが良いでしょう。「言わねば」という思いが、あなたを苦しめます。

私がカウンセラーとして今まで会った男性の相談者の多くは、選択に迷った時の考え方に特徴があります。それは、AかBか迷ったら「どちらが社会的・世間的に良いか」を重視するというものです。

それに対して私が「どちらを選んだ方があなたを幸せに、楽にしますか」と質問すると、案外答えに詰まってしまう男性がほとんどです。

それだけ自分が幸せを感じたり、楽になることに意識が向けられない男性が多いのかもしれませんね。「つらいだろうな」と感じます。

もしあなたが「どっちがいい」で悩むなら、あなたが楽になる方を選んでください。そして「出会い方」に拘らず、幸せな結婚に向かえることを私も応援しています。

 コメント/質問、お気軽にどうぞ。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

勇気を持つための3つのコツ

婚活する勇気がない男性へ!一歩を踏み出すための3つのポイントを教えます

結婚できるか不安

結婚できるか不安・心配な30代男性のための対処法レシピ

実家に帰省したくない男性

実家に帰省したくない独身男性の「どうしたらいい?」への3つの提案

婚活でめげないために

婚活をめげないで続けるために知っておきたい3つの大切な考え方

マイナス思考から抜け出すには?

男性が婚活中のマイナス思考から抜け出す方法とは?まずはゼロを目指すのが、おすすめ

プレッシャーに弱い人

マリッジブルーになりやすい男性は責任感が強くプレッシャーに弱い

テキストのコピーはできません。