結婚するなら恋愛とお見合い、どっちがいいの?お見合いの良さとは?

お見合い婚の良さとは?

こんにちは。元マリッジカウンセラーのエレナです。ハートマーク

結婚相談所だと最初の出会いは、お見合い。何となく友達に下に見られそうだし、どうしたものかと迷ってしまう人がいます。

今の時代は、良くも悪くも恋愛結婚が多数派になっています。だから漠然と、お見合いに関してはネガティブなイメージを持ってしまう人が多いのではないでしょうか?

結婚相手に対して愛情がないと、その後の生活が難しい。だから今の時代は「結婚相手=愛する人」が当たり前になっています

そこで今回は恋愛とお見合いの違い、お見合いの良さ、お見合いでも一般的な恋愛と同じ感覚になれるのか、などについて紹介しますね。

情熱的な恋愛婚と徐々に高まるお見合い婚

恋愛とお見合いの決定的な違い

恋愛と結婚相談所でのお見合いには、決定的な違いがあります。その違いを説明するにあたって、恋愛での結婚までの流れを説明し、そのあと違いについて触れますね。

「そんなの分かってるよ」という部分もあるかと思いますが、違いを説明するのに必要なので、知っている部分はおさらいだと思ってお読みください。

恋愛

恋愛では、2人がお互いに好意を持つことで交際に発展します。その後、プロポーズすることで結婚に至りますね。

ただ普通は交際を始めてからすぐに結婚の話をしないし、結婚の話ができないものです。仮に交際後、間もない段階で「将来的には結婚の意思がある」と相手に伝えたとしても、戸惑われてしまいます。

このような状況では結婚の話をはぐらかされてしまい、結婚に向けての中身が伴った話ができなくなってしまう可能性が高いでしょう。

一般的な出会いから恋愛し結婚に至るにはプロポーズをする、されるという大きなきっかけがないと結婚を前提とした交際には進展しにくいものです。

そして、お互いの家族にお相手を紹介して結婚のプロセスを踏んでいくことになります。ですから多くの人は出会ってから結婚に至るまで1~3年の交際期間が必要になるのです。

お見合い

お見合いでは、出会った時点で「お相手を結婚も視野に入れて交際する相手として考えることができるか」という視点に立っています。これが決定的な違いの1つです。

交際まで進展すれば、長い期間を要せず当事者2人が結婚できるお相手かどうかを判断すればよいだけです。

また交際中は、それぞれの結婚相談所の担当者からサポートやアドバイスを受けられます。担当者も会員さんに「ただ、早く結婚してもらえれば良い」と思っているわけではありません。

第三者の客観的な意見を含めて一時的な感情だけでなく、常に冷静な判断をしながら交際を見守ります。この点が結婚相談所を利用する一番のメリットです。

基本的なスタンスとして交際開始から3ヶ月経過した時点で男性からプロポーズし、女性が了承すれば成婚退会になります。

お見合い結婚の良さとは?

日本では恋愛がテーマになっているドラマや映画が、たくさんありますね。結婚するならお見合いよりも、恋愛結婚に憧れている。

お見合いは何となく古めかしくて、恰好悪いイメージがあるという人は多いです。ですが、ここで興味深いデータを紹介します。シーナ・アイエンガー著「選択の科学」に次のようなインドでの調査データが示されています。

恋愛結婚をした夫婦の幸福度平均
1年以内 70点
10年以降 40点

お見合い結婚をした夫婦の幸福度平均
1年以内 58点
10年以降 68点

また日本で恋愛結婚した人の離婚率は約40%、お見合い結婚の離婚率は約10%というデータもあります。

恋愛結婚した夫婦は結婚直後の満足度が高いけれども、結婚後10年も経つと満足度が低化する。お見合い結婚の場合は結婚年数が経つにつれて、満足度が上がっています。

私見ではありますが、恋愛結婚では、お互いが好きから始まっているため、相手を冷静に見ていなかったのでしょう。熱が冷めてきたとき相手の粗が気になり、衝突を生んでしまう。

対してお見合い結婚では、「現実を踏まえた結婚後の暮らし」に焦点を当てて物理的な条件を含めて結婚相手を探します。

結婚後の生活でも例えば、

  • 金銭感覚が合う
  • 一緒にいるときの物理的な距離の価値観も合う(ソファに並んで一緒にテレビを見るのが好きなど)
  • 離れているときの心の距離感も合う(別々に行動しているときは、お互いの時間を尊重しようねなど)
  • 時間が流れるスピード感:のんびり or せっかち
  • 生活リズム:余裕を持って行動を起こす or ギリギリになって行動を起こす

などが見極められていることで多くの夫婦が長続きしているし、愛情が冷めないのでしょうね。またお相手の人柄を重視しているので、結婚後のトラブルも少ないと言えます。

「恋愛結婚のようなドキドキ感は味わっていないけど、お見合いしてみて良い人だったから」と結婚した人の方が愛情をゆっくり育てることができるのですね。

お見合いでも恋愛と同じ感覚になれるのか?

私が勤務していた結婚相談所では、成婚退会するときにアンケートを実施していました。

その項目の中に「あなたはお相手と交際期間中、一般的な恋愛と変わらない感覚になれましたか?」という質問がありました。そして、この質問に90%以上の人が「はい」と答えていたのです。

「出会いの縁だけは結婚相談所でいただきましたが、お見合い後から少しずつ恋愛と同じ感覚になれたので、お見合い恋愛だったと思います」という内容のコメントが一番多かったのですよ。

結婚相談所を上手く利用すれば、お見合いによる出会いでも一般的な恋愛と同じ感覚で交際しプロポーズ。そして結婚へとつなげることは十分可能です。

まとめ:お見合いでも、お似合い

恋愛(結婚)至上主義の日本ですが、結婚への形態は人それぞれ違って良いのです。恋愛でもお見合いでも、結婚はゴールではなく新たな始まりです。

恋愛結婚に憧れる気持ちも分かりますが、出会いはお見合い。だけど、そこから先はお見合い恋愛だって十分、お似合いの素敵な夫婦になることができます。

「現実の結婚生活と夫婦の素晴らしさを感じながら、幸せに暮らしたいな」という人には、お見合い結婚がおすすめです。

 コメント/質問、お気軽にどうぞ。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

年齢差に関する疑問

婚活中に出会う年齢差に関する疑問にカウンセラーが答えてみました。

婚活アプリで、うまくいかないときに確認したい3つのポイント

持病やハンディキャップの悩み

持病やハンディキャップがある場合の婚活事情

婚活市場の男女比

婚活市場における男女比は、どのくらい差があるのか?その理由とは?

30代バツイチ子連れでも再婚したい!いまどきの婚活事情とは?

お見合いしてみたい

お見合いしてみたい!どうやったら体験できるの?

テキストのコピーはできません。