婚活アプリで、うまくいかないときに確認したい3つのポイント

こんにちは。元マリッジカウンセラーのエレナです。ハートマーク

誰しもがスマホを使う時代になって、婚活アプリを利用される人も増えましたね。通勤途中や仕事の合間に、異性と気軽に出会うことができ、しかも価格も安い。

このように婚活アプリは圧倒的にコスパがよく、その手軽さ・気軽さがウケているのでしょう。

でも、あなたは「コスパは良いけど、結果が中途半端で終わっちゃうんだよね」とか、「うまくいかない」とか思ったりしていませんか?

そこには婚活アプリならではの落とし穴があるからなのです。一言で言えば、婚活アプリは積極的に行動でき、コミュニケーション力がある人が活躍できる場になっているからです。

それでもコツがないわけではありません。成果を得るために押さえておきたいポイントや考え方があるのです。

そこで今回は、婚活アプリで成果を出すためのポイントや考え方を、元マリッジカウンセラーである、わたしエレナがご紹介しますね。

うまくいかない?出会いを増やす3つのポイント

出会いを増やすには、以下の3つが大切です。

  • 顔写真
  • プロフィールの書き方
  • プロフィールに添えるメッセージの書き方

では、それぞれについて説明しますね。

顔写真が多くを語る(超重要)

出会いを増やすためには、顔写真を掲載するのがベストです。その理由は2つあって男性も女性も90%以上の人が写真を掲載していること、そして顔写真があることで相手が安心するからです。

写真を掲載するのに不安があったり、嫌だなと思う場合は「ユーブライト」を利用してみてはいかがでしょうか? ユーブライドであれば写真掲載をしていない人も多く、顔写真がないことがマイナスイメージにつながりにくいです。

あわせて読みたい記事
婚活サイトで顔写真を載せたくないなら、ユーブライドがいいです。写真の公開範囲を設定できる上、写真を公開していない人も比較的多いです。文...

とは言え、やはり顔写真は掲載することをおすすめしますよ。

次に、掲載する顔写真(メインになる写真)のポイントです。

  • 1人で写っている写真で、顔がはっきり分かるもの
  • 清潔感が感じられ、笑顔のもの
  • 写真の背景にも気を配ること
  • 画質がきれいであること

写真の背景が自分の家(部屋)だったりすると生活感が感じられ、よい印象を与えません。何より写真というものは、「明るさ」がとても大事なのです。

ですからお昼頃の明るい時間帯(10:00-14:00)に整備された公園などで撮ると良いでしょう。14:00を過ぎて来ると、光に赤みが出て来て、綺麗な写真が撮れないので注意してください。

微笑む男性

室内で撮るなら明るい時間帯の明るい場所(窓際)で。背景は可能であれば無地がベストですが、小さな柄があるくらいなら可です。

また写真の解像度にも気を使いたいですね。多勢の人が画質がきれいな写真を掲載しているので、画質が粗いものは悪い印象を与えてしまいがちだからです。

さらに補充の意味で、顔以外の写真が掲載できるようであれば、次の6つを使いましょう。

  • 旅先の写真
  • ペットと一緒の写真
  • 趣味を楽しんでいる写真
  • スポーツをしている写真
  • 正装した写真
  • 仕事中の写真
男性と犬

旅行やペット、趣味の写真があることで相手が親近感を持つ可能性が高まります。人は共通点がある人と親近感を覚えるからです。

ただ男性の場合、海に行った時の写真でも裸の写真というのは、女性側の印象が悪くなってしまうので注意してください。理由は「何をアピールしたいのか分からない」と思われてしまうからです。

正装した写真は、誰かの結婚式に出席したときの写真などでもいいです。今後、誰かの結婚式に出席するときは、婚活用にと写真を撮っておくことをおすすめします。

メインの写真以外では、あなたの人柄や素の部分、メインの写真だけでは伝えきれない別の一面などが伝えられるものであればOKです。

誠実さと真剣さを伝えるプロフィールの書き方

プロフィールを書く時は、あなたの誠実さと真剣さが伝わるように書くとよいです。

誠実さと真剣さが伝わることで相手に安心感を与え、印象に残りやすくなるというメリットがあります。

プロフィールの書き方で押さえたいポイントは、以下の4つです。

  • プロフィールの冒頭に挨拶文を書く
  • 初めから終わりまで敬語で書く
  • 最後の文を誠意ある言葉で終わらせる
  • 空欄はつくらない

婚活アプリの場合、プロフィールの冒頭を「はじめまして」や「こんにちは」で始めると好印象になります。

そして「プロフィールを見てくれて、ありがとうございます」と続ければポイントが高いです。

空欄はつくらないことも大切で、空欄があると真剣さが欠けている印象になってしまうからです。

プロフィールに書くべき内容ですが、婚活をしようと思った理由と仕事の内容を書いていきます。プロフィールの書き方については、こちらをご覧ください。

あわせて読みたい記事
婚活プロフィールには書き方のコツがあります。適当に埋めるのは愚策。自分をアピールしてもポイントを押さえていなければ、女性からのアプロー...

多くの人が出来ていないプロフィールに添えるメッセージの書き方

プロフィールに添えるメッセージでも大切なのは、誠実さと丁寧さです。フランクな書き方をする人もいますが婚活ではNGです。

メッセージの文体は「です・ます」調で書くことです。そうすることで柔らかい、丁寧な印象になります。

また項目に「休日は どんなふうに過ごしているか」「やりたいと思っていること」などがあれば、ぜひ書いてくださいね。

そしてここが重要なのですが、メッセージの締めくくりに次のような文章を添えてください。

「メッセージの交換できるようであれば、その日のうちにメッセージを返信します」
「最初は気軽なメッセージ交換から少しずつお互いのことを知っていって、縁があるようでしたら大切に良縁につなげていきたいと思っています」

このような前向きな言葉で締めくくられていると好感度が高いメッセージになりますよ。

アプローチからマッチング後で知っておきたいこと

次につながるメッセージ交換のコツ

好感度を上げるにはマッチング後に送る、初めてのメッセージがとても大切です。このメッセージに必ず含めたい内容には、次のような5つの項目があります。

  • 挨拶とお礼の気持ち
  • 簡単な自己紹介
  • アプローチした理由
  • 質問
  • 結びの言葉

この項目の中でも一番重要なのが上から3番目の、お相手にアプローチをした理由です。

上記5つ含め、さらにメッセージ交換の頻度や長さなど、こちらの記事に例文を交えながら詳しく書きましたので、あわせてご覧くださいね。

あわせて読みたい記事
女性の好感度が上がるLINE、下がる内容とは?
LINEやメールで女性の好感度が上がる文面について例文を交えてご紹介。ついでに女性の好感度が下がりやすい行動、内容についても解説してい...

悪いところは見つけやすいもの。きちんと観て、聴いてみる

メッセージ交換を何度かしたあと、会ってみるという段階になって相手の悪いところばかりを見つけてしまう人がいます。

相手の良いところに目を向けないで「お断りをする理由」が前提になっている状態で時間を過ごすのは、とても もったいないことです。

相手の欠点や悪いところに目が行きがちになってしまうのは、誰でも同じです。

それでも「この人の良いところは どこかな?」と気持ちを切り替え、「見る」を「観る」に、「聞く」を「聴く」にしてみると気づきや発見があるものです。

この2点をアドバイスしただけで実際に会った時に その人の外見だけではなく、内面にも目を向けられるようになる人が多いのですよ。

この話はこちらに書きましたので、ご参考までにどうぞ。

人柄と情熱が伝われば、良縁につながる可能性は大。とある実話

これは、とある実話。私の実家の近くに住んでいるDさんは、婚活アプリで出会ったお相手と結婚をしました。

Dさんの職業は大工さん。身長も高く、がっしりした体格の人でしたが、穏やかで人懐っこい笑顔が印象的でした。

仕事柄、異性と出会う機会がないので婚活アプリを始めてみたものの「自分は高卒だし両親と同居してもらえそうな人って、いるのかな?」と不安だったそうです。

「自分はタバコは吸いませんが、お酒は飲みます。たくさん飲みたいということはないのですが、仕事の中で上棟式や家が完成した時などは やっぱり嬉しくなってお酒もすすんじゃいますね」ということも正直にお相手に伝えたそうです。

何回かデートを重ねた結果、Dさんは看護師さんと結婚が決まったのです。私は学歴や条件(両親との同居など)よりも、Dさんの人柄と情熱がお相手に伝わったのだと感じました。

情熱というのは仕事に対してだけではなく、お相手に対してもです。

Dさんの友人のEさんも、Dさんが婚活アプリの婚活で成功したので「じゃ、自分も」と始めたら、Eさんも学校の先生と結婚しました。Eさんも高卒で、職業は造園業だそうです。

人の価値は外見や学歴などの条件だけで決められるものではありませんが、結婚相談所での出会いであればマッチングすることが難しかったであろう、この2組の縁。

どこで、どんな縁があるかは分からないものですね。

まとめ:幸せは自分の分だけで良い

テレビアニメ「アンパン」をご存じの方は多いと思います。親しみやすいキャラクターで玩具や縫いぐるみなどでもお馴染みです。

アンパンマンの主題歌に「アンパンマンのマーチ」という曲がありますよね? あなたも聞いたことがあったり、歌ったことがあるかも知れませんね。

その歌詞の中に「何のために生まれて、何をして生きるのか。答えられないなんて、そんなのは嫌だ。今を生きることで熱い心、燃える。だから君はいくんだ、微笑んで」という歌詞があります。

私見ですが「人は幸せになるために生まれて、幸せをつかむために生きている」と思っています。

何をもって幸せとするかは人それぞれ違いますが、少なからず結婚も その1つではないかと思うのです。

誰かを支え、誰かに支えられて生きる喜び。気にかけてくれる人がいてくれることの幸せ。

「何が君の幸せ? 何をして喜ぶ? 分からないまま終わる、そんなのは嫌だ」・・・どこで出会ったのかが問題ではなく、1つの出会いに どれだけ誠実に向き合えるか。そして欲張り過ぎないことが大切です。

「今日会えて、ありがとう」そんな出会いを重ねているうちに、きっと運命の人に出会えます。

 コメント/質問、お気軽にどうぞ。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

婚活は、何歳から始めるとよい?

婚活は何歳から始めると良いのか?気になる素朴な疑問に答えてみました。

背が低い男性の婚活事情

背が低い男性はモテない?結婚するには、どうしたらいいの?

婚活がうまくいかないときは活動場所を変える

婚活がうまくいかない男性に教えたい、2つのポイントと活動場所

持病やハンディキャップの悩み

持病やハンディキャップがある場合の婚活事情

婚活とは?

婚活とは? どこでどんな活動をすればいいの?

お見合いをする方法

お見合いは、どうやってするの?お見合いする方法を解説するよ

テキストのコピーはできません。