婚活でひとりの女性を選べない男性へ。唯一の相手を決めるポイントを教えます。

ひとりの女性を選べない男性へ

こんにちは。心理カウンセラーのクリスです。星マーク

今回は、婚活で候補の女性が複数いるために、ひとりを選べないという男性に向けて、唯一の女性を選ぶポイントをお伝えします。

候補が複数いるというのは嬉しい悲鳴ですね。しかし、同時に「選べない」ことで悩む気持ちもわかります。

結婚相手となれば、そう簡単に「別れて別の女性にする」とはいきませんから、ひとりを選ぶとなれば慎重にもなりますよね。

ただ、恋愛や婚活中は客観的に自分のことを見られなくなりがちです。そのため今一度 冷静になって、この記事を読みながら、「自分に本当に合う相手」を選べる目を持てるようになってくださいね。

結婚相手が選べないときに立ち返るべきポイント

婚活に長く取り組んでいると、だんだん自分の気持ちも分からなくなってくるものです。

婚活ではどうしても条件ありきで始まりがちで、思考がそちらに偏っていくのでしょう。データでは表せない、あなたの気持ちが置き去りになっているのです。

そんなときは一度、冷静に自分を見つめ直す時間をつくることをおすすめします。

そしてそのとき、以下の点には留意するとよいですよ。

  • 条件を抜きにして考える
  • 直感を大切に
  • 「衣食住+お金」の価値観が合うか
  • 相手に満点を求めない

各ポイントを詳しく解説しますので、候補に上がっている女性を思い浮かべながら、ひとつひとつ確認していってください。最後まで読み進めると「選べない」が「選べる」に変わってきますよ。

物理的な条件を抜きにして考える

あなた自身の気持ちに気付くために

婚活でひとりの女性を選べない時は、一度「物理的な条件を抜きにして考える」ことをしてみましょう。

「物理的な条件」とは以下のようなものです。

  • 年収はどのくらいか?
  • 家事をしてもらえるか?
  • 結婚したら仕事は辞めてほしい(または続けてほしい)
  • 子供は〇人欲しい

これらの条件を一度考えないようにすると、残るのは「心」です。女性の心に注目した時に、あなたはどうなるでしょうか?

  • 一緒にいてもなぜか落ち着かない
  • その女性といると無理をしてしまう自分がいる
  • 安らぎや安堵感がなくリラックスできない
  • 素直な自分を出しにくい

上記のような気持ちになる相手であれば、それは「心の相性」があまり合っていないかもしれません。心の相性が合わないと、一緒にいてもお互いに疲れてしまうのです。

結婚すれば毎日生活を共にしますから、一緒にいてエネルギーが消耗してしまう相手では、結婚生活は長続きしにくいでしょう。それ位、心の相性は重要です。

ひとりの女性を選べない時は、心の相性に目を向けてみて、一緒にいてホッとできる相手かどうかを考えてみてください。

もしあなたが、早く結婚したいと焦って悩んでいるようなら、こちらの記事をご覧ください。

あわせて読みたい記事
早く結婚したいのに、なかなか結婚できないと焦る男性が、私のところにもしばしば相談にみえるのです。そこで今回は早く結婚したいと焦る男性に...

直感を大切に

婚活でひとりの女性を選べない時は、直感を大切にして女性を選んでみてください。

直感は案外当たるものです。あなたがある女性と会った時に、理由はわからないけれど、なぜか「ずっと一緒にいたい」「強く惹かれる」ということがあれば、「自分が求めている相手」を直感で感じとっているのかもしれません。

直感には「なぜか理由はわからない」という特徴があります。「なぜか最近ハワイの海に惹かれる」「なぜかどうしても引っ越しがしたくなる」「なぜか赤い色のものばかりが気になる」というのも、直感である可能性が高いです。

直感は「あなたの心の自然な声」とも言えるでしょう。

ですので、婚活で女性をどうしても選べない時には、「なぜか気になって仕方ない女性」を候補の一番にしてみてください。案外その女性が、自分が「一番求めている相手」「一番相性の良い相手」だったと後で気づくケースは多いですよ。

「衣食住+お金」の価値観が合うか

料理を楽しむ2人

婚活でひとりの女性を選べない時は、女性と「衣食住やお金の価値観が合うか」を冷静に考えてみてください。

すごく魅力的で猛烈に惹かれる女性であったとしても、生きて行く上での「衣食住とお金」に対する価値観が違い過ぎれば、結婚生活はスムーズにはいきにくくなります。

  • 食べ物の好みがまったく合わな過ぎる(同じメニューを楽しめない)
  • 寝起きや、日々生活するペースがまったく違う
  • 相手のお金の使い方が理解できない
  • 住みたい場所や、家の中の好みのレイアウトがあまりに違う

これらのことがいくつも当てはまれば、一緒に暮らしていてもお互いに大変な思いをするばかりです。

「好き」「愛している」とは別に、暮らし方のペースが合うかどうかも女性を選ぶ際の大事なポイントです。

相手に満点を求めない

婚活でひとりの女性を選べない時は、相手女性に満点を求めないということを肝に銘じてください。

理由は、満点を求め出すと女性たちをただ比較して、「女性のマイナスなところ」ばかりを見るようになってしまうからです。

そもそも完璧な人など、どこにもいないのですから。人には皆「長所」と「短所」があるものです。それを認め合っていくことで良好な関係が築けるのです。

ですが相手に理想を求めると、理想とは反対の部分ばかりが目について、逆に相手のとてもすばらしい長所を見逃がしてしまうのです。これでは本当は自分にピッタリの女性だったのに、違う女性を選んでしまうことになってしまいます。

ですので、婚活でひとりの女性を選べない時は、相手に満点は求めずに、まずは長所や素敵な部分に目を向けてみましょう。

まとめ:「すばらしい女性」より「相性が良い女性」を選ぼう

結婚相手を決めるのは本人ですから、他人の私がどうこう言うことでもありません。ただもしアドバイスするとすれば、「すばらしい女性」が「相性ピッタリの相手」だとは限らないということです。

ですので、一緒に笑い合ったり楽しんだりできる部分があり、一方でお互いの短所は補い合えるような関係が「相性がいい相手」と言えるのではないでしょうか。

複数の中からひとりの女性を選べない時は、今回お伝えしたポイントを思い出して、あなたにピッタリの相手を選んでください。

なお結婚相手の選び方についてのこちらの記事も参考になるかもしれません。よかったらご覧くださいね。

あわせて読みたい記事
あなたは結婚相手選びでどこを見たら、相手を見極められるか分かりますか?もちろん人それぞれなところではありますが、多くの人に共通するチェ...

 コメント/質問、お気軽にどうぞ。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

結婚相手に選ぶ決め手は?

結婚相手を決める時、どんなところを重視すればいい?決め手は何か?

恋愛経験がない男性は、どこで婚活すべき?

恋愛経験なしの男性が婚活するには、どんな場所を選べばいいの?

お見合い婚の良さとは?

結婚するなら恋愛とお見合い、どっちがいいの?お見合いの良さとは?

30代バツイチ子連れでも再婚したい!いまどきの婚活事情とは?

婚活パーティーが初めてで緊張してしまう?

婚活パーティーが初めてで緊張してしまう?そんな男性にアドバイス

婚活とは?

婚活とは? どこでどんな活動をすればいいの?

テキストのコピーはできません。