お見合いやメッセージ交換まで、なかなか進まない!進展させるにはコツがある

お見合いのマッチング率を上げるには?

こんにちは。元マリッジカウンセラーのエレナです。ハートマーク

婚活をしていて、最初のステップである お見合いまで、なかなか進展しないことがあります。婚活サイトやアプリならメッセージ交換の段階ですね。

※結婚相談所での話ですが、このコツは婚活アプリにも応用できます。

折角、結婚相談所に登録したのに なかなかお見合いに進まないと婚活に取り組む意欲も低下してしまいがちです。

でも、そんな状況を改善するポイントはあります。やれるだけのことを実行し、動いてみる。動いてみて、改善すべきところは改善する。その繰り返しが大切です。

そこで今回は、なかなかお見合いができないときは、どんな点を改善すればよいのかを まとめてみます。

なかなか お見合いに進まないときのチェックポイント

結婚相談所に登録後、なかなかお見合いができないと「何がいけないのか」と不安や焦りの気持ちが強くなってしまいがちです。

でも心配しないでください。お見合いやメッセージ交換(婚活アプリ)に進めないのは、アプローチとプロフィールの書き方に問題があるからです。

コツを押さえて行動すれば、お見合いが組まれない、メッセージ交換にまで行きつけないということはなくなりますよ。

さて。

この最初のステップをクリアするために、ぜひやってみて欲しいのが以下の4つです。

  • お見合いを申し込む数を増やす
  • お相手に対する条件を緩和してみる
  • お相手を検索する方法を変えてみる
  • お見合いの申し込みは受け、会ってから決める

なお、プロフィールの書き方については、以下の2記事で取り上げましたので、そちらをご覧ください。

あわせて読みたい記事
婚活プロフィールには書き方のコツがあります。適当に埋めるのは愚策。自分をアピールしてもポイントを押さえていなければ、女性からのアプロー...
あわせて読みたい記事
婚活アプリ/サイトで、うまくいかないという人に伝えたいマッチング率を高める3つのポイントについて書いてみました。写真、プロフィール、メ...

お見合いを申し込む数を増やす

申し込みを増やす

「お見合いができない」と言いながら、お見合いの申し込みをする人数が1回で2~3人では少ないです。

婚活の場によっても違いますがプロフィールを見て「会って話してみたいな」と感じたら、どんどん申し込みをした方がよいのです。

待っているより、自分から動いて縁を探す。そんなスタンスで取り組むと、縁も運も動きだします。

お相手に対する条件を緩和してみる

婚活では年齢が増すごとに、異性からの見る目が厳しくなりますが、同時に男性側の女性を見る目も、どんどん肥えていきがちです。

外見・容姿・学歴・職業・年収など理想を持つことは大切ですが、こだわりが強すぎると良い出会いのチャンスがあっても遠ざけてしまうことになります。

多くの異性のプロフールを見て、会って、「本当に自分が譲れないものは何か」を考え、見つめ直すきっかけにしてください。

緩和できる条件があれば、それだけで幅がグッと広がります。

お相手を検索する方法を変えてみる

多くの人は、新しく登録した人から異性を探しています。その逆に登録年月日が最近ではない人から探してみる、という方法もあるのです。

登録年月日が最近ではない人というと、あまり良いイメージが持てないかも知れません。

でも、検索をしてみる価値は大いにあります。その理由は婚活に取り組む人は多く、どうしても登録後2~3ヶ月も経つとデータがどんどん埋もれがちになります。

その中から会いたいと感じる人が見つかることもある上、申し込みが集中しやすい新規入会の人と比べ、会える確率も高いのです。

お見合いの申し込みは受け、会ってから決める

乾杯する2人

お見合いが成立するパターンは2つです。1つはあなたから申し込んだお見合いを、お相手が了承してくれた場合。

もう1つはお相手からお見合いの申し込みがあり、あなたが了承した場合です。

あなたから申し込んだお見合いも、お相手から申し込まれたお見合いも縁の1つだから「会ってから決める」そう考えてみてはいかがでしょうか。

「会ってみたら意外と話ができたし、フィーリングも合った」という人は、意外と多いのです。会う前からNOと決めつけないことは案外 、大切なことかも知れません。

これを食べ物でいうと、食わず嫌いの状態と同じです。食べたことがなくて、味も分からないうちから「嫌い」と決めつけないで、ちゃんと食べて味を確認してから判断しても遅くはありませんよね?

まとめ:思考に柔軟性を持つ

婚活を開始して「なかなか、お見合いができないな」と感じたら、思考を柔軟にしてみることも大切です。

具体的にどのようにするかというと、こだわり過ぎずに緩めることです。そしてプロフィールの書き方に加え、以下の4つが、お見合いが組まれやすくなるコツでしたね。

  • お見合いを申し込む数を増やす
  • お相手に対する条件を緩和してみる
  • お相手を検索する方法を変えてみる
  • お見合いの申し込みは受け、会ってから決める

巡ってきたチャンスを活かすことができるかどうかも大切ですが、まずはチャンスを増やすこと。そのためには考え方、やり方をほんの少し変えてみることも大切なのです。

さらに次のステップとして、真剣交際へ進展させるためのコツについて書いてみました。

あわせて読みたい記事
真剣交際に進展しない理由
お見合いや仮交際から長期の交際になかなか進展しないという人がいますが、多くはその人の態度・言動・エチケットに問題があることが多いです。...

 コメント/質問、お気軽にどうぞ。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

重複交際の是非

結婚相談所 特有の重複交際とは? その実態と裏話

結婚相談所に入会をする時に必要な書類は?費用の相場はどのくらい?

結婚相談所で婚活する場合は、いつ頃プロポーズをするの?

真剣交際に進展しない理由

お見合いから真剣交際に進展しないのは、言動やエチケット周りに問題あり

押さえておきたいお見合いのポイント

婚活が進展しない。お見合いから仮交際に進展させるコツは?

パーティーとお見合いのどっちがいい?

結婚相談所が主催するパーティーとお見合い、どっちがいいの?

テキストのコピーはできません。