お見合いは、どうやってするの?お見合いする方法を解説するよ

お見合いをする方法

こんにちは。元マリッジカウンセラーのエレナです。ハートマーク

婚活の中で一番標準的なのが、お見合いです。でも「どうやってお見合いするか」については、あなたも疑問に思っているかもしれません。

ドラマではよく世話好きの親族や職場の上司が仲人になって、2人を引き合わせようとするシーンが描かれることがありますよね。

たぶん、お見合いと言われると多くの人は、ドラマのようなお見合いを想像するのではないでしょうか?

でも、これって昔のスタイルで今はもっとライトな感じで行われています。また、お見合いをしたらしたで断わることが気まずそうなど、お見合いに対して抵抗感もあるかもしれません。

そこで今回は、お見合いはどうやってするのかその方法と、お見合いに関する疑問などをまとめてみました。

お見合いは、どうやってするのか?

昔ながらのお見合い

お見合いのイメージ

冒頭でも述べましたがお見合いと言えば、テレビドラマなどで見かけるお見合いをイメージするかもしれませんね。

よくあるのが親類縁者、上司からの縁談話で、ドラマなどでは先方からお話がくることが多いですね。

でも、こちらがお見合いを希望するときは、どうすればいいのでしょうか?

まずあなたがお見合いしてみたいなと思うなら、親族や知人、職場の上司、尊敬する恩師、縁故が幅広い友人などに「お見合いしてみたいと思っているので、素敵な人がいたら紹介していただけますか」と話をすることから始まります。

お見合い話を依頼する相手は、あなたのことを良く理解してくれていて、信頼できる人にお願いします。あなたからお願いするのが一番良いですが、両親からお願いしてお見合いの運びになる例も多いです。

お見合い相手を紹介してほしい旨の依頼をするときは、お見合い写真・身上書・家族書などを準備して、迷惑にならないようなら渡しておきます。

お見合いする場所は、ホテルやレストラン、紹介者の自宅になることが多いです。

このような人の紹介、伝手(つて)がないという方は、結婚相談所を利用するのも選択肢の1つになります。

現代流のお見合い

今のお見合いは、婚活サービスを利用することが増えてきました。婚活サービスというのは、結婚相談所や婚活サイトのことで結婚相手を探すお手伝いをしてくれます。

より正確には結婚情報サービスと言うのですがインターネットやコンピュータを活用することで婚活中の多くの異性に出会えるようになっているのです。

さらに今ではスマホアプリを使ったものまでありますが、そのほとんどは恋愛の延長のようなものであり、結婚を意識したお見合いとはほど遠いです。

ですからお見合いを目的とするなら、少なくとも婚活サイト以上の婚活専門のサービスを利用したほうが安心です。なお、お見合いする場所は、落ち着いた雰囲気のあるカフェやホテルのラウンジがよく利用されます。

お見合いをちょっと体験してみたいという方は、こちらの記事の方が参考になると思います。

あわせて読みたい記事
お見合いしてみたい
お見合いをしてみたいと思った人に気軽にお見合いできるところをご紹介します。高価なところが多い中、ここは驚くほどリーズナブルな価格設定に...

また婚活パーティーの中には1対1で行うプチお見合いと言われる形式のものもあります。複数の個室が用意されており、そこで1対1で話が出来るというタイプのパーティーです。

プチと付いている通り、お見合いというより、お見合い風と言った方がいいかもしれませんね。

現代流、お見合いの流れ

お見合いの流れについても少し触れておきます。大別すると「仲人なし」「仲人あり」の2つのタイプに分かれます。

「仲人なし」に分類される婚活サイト、簡素化した結婚相談所(データマッチング型)では、間を取り持ってくれる仲人さんはいません。その分、コストが安いという特長があります。(※データマッチングとは?

「仲人あり」に分類されるのは、仲人型の結婚相談所であり、日程や場所の調整、お断りの連絡等々、お二人の間に入って調整してくれます。

婚活サイトやデータマッチング型の結婚相談所の流れ

婚活サービスを利用した際、その流れが気になるかもしれませんね。ここでは仲人さんの居ないタイプの結婚サービスでのお見合いの流れについて簡単に説明してみます。

※データマッチング型とは、コンピュータを使ってお相手探しをする婚活サイトや婚活アプリの仕組みに近い結婚相談所のことです。自分で条件を指定して検索する場合と、コンピュータの診断で自動マッチングする仕組みがあります。

  1. お相手探し、または紹介
  2. 気になる異性にメッセージを送信、または異性からあなたにメッセージが届く
  3. お互いに好印象(OK)であった場合のみ、メッセージ交換が可能になる
  4. 何度かメッセージを交換して、連絡先を交換する
  5. 会う日時はメッセージ交換の中で、当事者である2人が決める
  6. 実際に2人だけで落ち着いた雰囲気のカフェ・ホテルのラウンジで1時間くらい話してみる(お見合い)
  7. お互いに好印象であれば交際に進展

お断りの場合は1~2を繰り返します。データマッチング型の結婚相談所でもプランによっては担当者からの推薦で、あなたにお似合いの異性を紹介してくれ、お見合いが組まれることもあります。

仲人型の結婚相談所での流れ

仲人型とは、仲人さん的な専属の担当者が付くタイプを言い、お相手の紹介だけでなくお相手探しのアドバイスなども受けられる婚活サービスです。個人経営で運営されている結婚相談室なども、こちらにあたります。

より本格的なお見合いを希望するなら、仲人型の結婚相談所を選ぶべきですね。

さて、流れですが仲人型の結婚相談所での活動の流れは次の通りです。

  1. 紹介が基本、大手だと自分で探すことも可能
  2. 気になる異性に担当者を通して、お見合いの申し込みをしてもらう。または異性から、担当者を通してお見合いの申し込みがある
  3. お互いに「会ってみたい」と思ったときのみ、お見合いが成立する
  4. お見合いの希望日を、お互いに第3希望日まで出して担当者に伝える
  5. お互いの担当者を通して、お見合いの日時が決定する
  6. お互いが所属している結婚相談所同士で、お見合い場所を決める
  7. 実際に2人だけで落ち着いた雰囲気のカフェ・ホテルのラウンジで1時間くらい話してみる(お見合い)
  8. お互いに好印象であれば、お互いの担当者を通して連絡先を交換する
  9. あなたの方から女性に、今日のお礼とデートのお誘いをする
  10. お互いに好印象であれば交際に進展する。

お断りの場合は1~2を繰り返します。仲人型の結婚相談所でも担当者からの推薦で、あなたにお似合いの異性を紹介してくれ、お見合いが組まれることもあります。

より詳しくは ↓ こちらの記事で書きましたので、良かったらご覧ください。

あわせて読みたい記事
お見合いの流れ
結婚相談所でのお見合いの流れについて解説します。会場はどうやって決まるのか、誰が予約を入れるのか、さらに当日、あたふたしないためにも押...

お見合いに関するよくある疑問

お見合いは、お断りしても大丈夫なの?

「お見合いしたらお断りしずらそう」と思うかも知れません。誠実な人ほど、そう思ってしまう傾向が強いのです。

でも好きになれそうもないお相手だったら、お断りしても大丈夫です。

そのときは紹介してくれた人を通して、お相手に失礼のないように丁寧にお断りします。結婚は一生の問題です。お見合い結婚は、恋愛感情がないのに結婚するという形態の出会いではありません。

また、お見合いが上手く行った場合でも、お断りした場合でも紹介してくれた人は2人を合わせるために時間と労力を費やしてくれていますので、紹介してくれた人への感謝の気持ちは忘れずに伝えましょう。

以前は紹介者に対してお礼金を渡すことがあったようですが、今は、機会をみて相手の負担にならないような嗜好品やお菓子などを贈ることが多いです。

「好き」が前提ではない婚活もあり得るの?

お見合いをしてみたものの「良くもない。でも悪くもない。良い人そうだけど、好きかどうかなんて1回会っただけじゃ分からない」と思うかもしれません。

はっきりNOという結論が出ているわけではないなら、お付き合いしてみてもいいのではありませんか?

あなたは「えっ、こんな中途半端な気持ちなのに!」と思うかも知れませんが、「好きな人ができた → 交際 → 結婚」という順番にこだわらず、お試し交際をしてみて好きになれるかどうか判断する。好きになれたら結婚するという順番だって、いいのです。

お見合いの場合、「好き」という気持ちが最初は分からなくても、おかしくもないし不思議でもないのです。

就職活動と婚活は良く似ているといわれますが「その仕事が好きで、やりがいを感じるから」という理由で仕事をしている人も、もちろんいるでしょう。

仕事探しのきっかけは「やりたいことであるべきだ」という限定されたものではありませんよね?

結婚もまず「好き」という気持ちが芽生えてからでないとダメなんだ、という思い込みを外してもいいのですよ。

まとめ:お見合いも縁。出会いの1つ

お見合いは、どうやって成立するのか。お見合いする方法などを まとめてみました。

でも今の時代は、いろいろ面倒なことが増え、一般的なお見合い結婚をする人の割り合いは少なくなっています。

例えば、こんなことです。

  • 個人情報を重んじるようになったことで、お見合い前に個人を特定できるような情報開示を避けるようになった
  • 親族や職場の上司などの紹介は、しがらみが多く煩わしい。面倒だと感じたり、お断りがしにくい面を嫌う
  • 結婚の最大の決め手は条件ではなく、相性・フィーリングも重要視されるようになった

このような理由から一般的なお見合いではなく、婚活の場として結婚相談所を選択し、出会いはお見合い。だけどお見合い恋愛して結婚という人は増えているのです。

参考までにですが結婚相談所でのお見合いは、あなたの返事が「NO」の返事であったとしても気兼ねなく、あなたの正直な気持ちを担当者に伝えても大丈夫。後々、担当者とも気まずい関係になったりすることはありません。結婚相談所同士のネットワークの中で、事務的に処理されます。

どこで出会ったかは問題ではなく、お見合いも1つの縁として前向きに考え素敵な出会いであれば、それを活かして幸せになればよいだけのこと。一番大切なのは、あなたの気持ちです。

 コメント/質問、お気軽にどうぞ。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

婚活とは?

婚活とは? どこでどんな活動をすればいいの?

お見合いしてみたい

お見合いしてみたい!どうやったら体験できるの?

婚活市場の男女比

婚活市場における男女比は、どのくらい差があるのか?その理由とは?

髪の薄さが気になる人は、婚活する場を選びなさい

髪が薄いことで悩む男性に最適な婚活の場は、どこなの?

結婚相手に選ぶ決め手は?

結婚相手を決める時、どんなところを重視すればいい?決め手は何か?

婚活アプリで、うまくいかないときに確認したい3つのポイント

テキストのコピーはできません。