婚活でカジュアルな服装は、やっぱりNG? 服装が意味するもの

カジュアルな服装でも大丈夫なのか?

こんにちは。元マリッジカウンセラーのエレナです。ハートマーク

私は「婚活に取り組む中でカジュアルな服装というのは、普段着でも大丈夫ということですか?」と質問をされることが多くありました。

確かに「カジュアルな服装」という言葉は広く解釈すると普段着でも大丈夫なようにも思えるし、婚活という枠の中ではカジュアル過ぎてもダメかなと思ってしまいますね。

カジュアルな服装としてジーンズを履いてもOKなのかどうか、婚活だからジーンズはNGなのか、など深く掘り下げると次々に「どれが正解なの?」という疑問がでてきます。

そこで今回は婚活に取り組む中でカジュアルな服装の是非、正装した方がよい場合・カジュアルな服装の方がよい場合などについて、私見を含めてまとめてみますね。

婚活でカジュアルな服装でもよい2つのケースとジーンズの是非

婚活の場では原則スーツ着用であると覚えておいてください。その理由については後述します。

とその前にカジュアルな服装の是非でしたね。婚活の中でカジュアルな服装でもよいとされているのは、以下どちらかに当てはまっているときだけです。

  • 婚活パーティーや婚活イベントの内容がカジュアルなもの
  • お見合い後、交際に進展したときのデート

この2つのケースであれば、カジュアルな服装でも大丈夫です。また婚活の中で「ジーンズは履いてもいいのか、カジュアル過ぎてしまうのか?」と迷ってしまうかも知れませんね。参考として、私見を書いてみます。

先ほどの2つのケースなら「カジュアルな服装でもOK」といっても、基本的にはジーンズ以外のパンツがおすすめです。

その理由は婚活というのは、結婚を前提として交際する異性を探す活動であること。そして、そのような場に行くことだからです。おめかししている女性への配慮であり、礼儀でもあります。

といってもジーンズは一切ダメとなると、デートの時の洋服選びに悩んでしまうこともあるかも?

デートをするごとに着ていく洋服を着回しするとか、婚活イベントでの服装に悩んだとき「ジーンズを履いて行きたいな」と思う天候・気温のときもあるかも知れません。

そんなときは、以下の点を参考にすればジーンズでもOKといえる4つのポイントがあります。

  • 着古していない、新しいジーンズであること
  • サイズがぴったり、あなたの身体に合っていること
  • ジーンズの形はストレートタイプかスキニータイプの、どちらか
  • 靴も古くなく、汚れていない新しいもの

この4つのポイントを満たしていれば、3歩譲って婚活中でもジーンズを履いてもOKと考えます。

でも前述したように基本的に おすすめなのは「ジーンズ以外のパンツ」なので、デートのときにジーンズばっかり履くというのはダメです。ジーンズ以外のパンツを主軸にしてジーンズを履くのは、ときどきにする方が安全路線といえるでしょう。

カジュアルな服装でもきちんと感、おしゃれ感を忘れないことが大切です。足首も見えてしまうので靴下&靴にも気を配るようにすると ○ です。

婚活では基本的に、初対面のときのTPOに配慮した服装で

スーツを着た男性

結婚相談所を介しての お見合いのとき、または1対1でのプチお見合い形式の婚活パーティーに参加する場合はスーツにネクタイが基本です。

スーツにネクタイは男性の正装。普段着のときよりも20~30%増しに男性を素敵に見せてくれると言われています。

あわせて読みたい記事
お見合いに適した服装
女性はお見合い相手である男性の服装に敏感で、身なりや雰囲気に好感が持てると次のステップである「交際に進んでもよい」と考える確率がグンと...

女性は結婚相談所を介しての お見合いのとき、または1対1でのプチお見合い形式の婚活パーティーに参加するときは「結婚するお相手と出会える可能性がある場所に行くのだから」という意識を明確にもっています。だから、男性も外見を整える必要があるのです。

でも婚活イベントに参加するときは、スーツにネクタイではさすがに浮いてしまいます。

婚活イベントの企画は、堅苦しいものだけでなく、むしろくつろいだ雰囲気のものも多いです。そんなときはカジュアルな服装の方が好ましいといえます。

だから初対面のときのT:(Time/時)、P:(Place/場所)、O:(Occasion/場合)に応じて服装を使い分けることが大切です。

婚活の中でおすすめできるカジュアルな服装とは

カジュアルな装いの男性

何よりも大切なのは清潔感があること、そして良い意味でシンプルな服装であることの2つです。

基本的にはジャケットとパンツというシンプルなスタイルがおすすめです。

ジャケットは季節を問わずに着られること。インナーで変化を持たせることができるので1枚持っていると重宝します。

シンプルなシャツ+パンツにジャケットを羽織るだけで、きちんとした感じになりますしジーンズを履いたときでもジャケットを羽織れば3つの感を満たすことができるのです。

羽織るものとしてジャケットとカーディガンの2つがありますが、ジャケットは清潔感があり男らしい印象になり、カーディガンは優しく、ふんわりとした印象を与えます。

交際が進展し親しくなるにつれてカジュアルな服装にしたり、あなたらしさが伝わるような服装にしていくとよいでしょう。

カジュアルな服装の注意点のまとめ

婚活中のカジュアルな服装でも、「3つの感」は大切です。「3つの感」とは以下3つが感じられることです。

  • 清潔感
  • きちんと感
  • おしゃれ感

婚活は結婚のお相手を探す活動のこと。そして、そのような場所へ足を運ぶことです。

だから見た目が大切になってくるし、女性に「その服装をしてくる意味って、何を考えているの?」と思われてしまうことがないようにしたいですね。

カジュアルな服装でも3つの感を踏まえていればジーンズもOKですが、毎回のデートでジーンズを履くのは考えものです。

デートの時やカジュアルな婚活イベントの時も、お見合いのときと同様にTPOに気を配ることは とても大切なことと言えます。

 コメント/質問、お気軽にどうぞ。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

身長が低い男性でも大丈夫

身長が低いのがコンプレックス?婚活の服選びで印象は変えられる

婚活パーティーに最適な服装は?

男性が婚活パーティーに参加するの服装は?モテる服装、NGな服装

体型は服の着こなしでカバー

男性が婚活で痩せすぎというコンプレックスを隠すための服装の工夫

女性はあなたの足元もチェックしている

婚活中の男性は服装だけでなく、靴にも配慮できれば頭1つ抜き出ることができる

太り気味の体型を隠す服装

太り気味コンプレックスを軽減する婚活での服装選びのポイント

冬のファッションで気をつけたいこと

冬の季節、婚活の場での服装で気をつけたいこと。コートは脱ぎ着するタイミングに注意

テキストのコピーはできません。