婚活中に出会う年齢差に関する疑問にカウンセラーが答えてみました。

年齢差に関する疑問

こんにちは。元マリッジカウンセラーのエレナです。ハートマーク

婚活に取り組む中で、年齢差に関する素朴な疑問が浮かぶことはありませんか?

「誰かに相談することもできないけれども、きちんとした答えや指針になりそうなことってないのかな?」そんな思いがうまれたとしても、不思議ではありません。

30代男性が婚活中に感じる年齢差の主な疑問は以下の4つです。

  • 何歳くらいの年齢差であれば、お見合いできる確率が高くなるの?
  • 婚活パーティーや婚活アプリでのアプローチしたい年齢は?
  • 年上の女性からアプローチされた(したい)場合は、どう考えたらよいの?
  • 自分の年齢よりも8~10歳くらい年下の女性にアプローチしたい時は?

このような疑問は婚活に真剣に取り組めば取り組むほど、年齢差に関して疑問がでてきます。

そこで今回は、この4つの疑問について元マリッジカウンセラーとしての経験を踏まえ私なりの思いを書いてみますね。

年齢差に関するよくある疑問

何歳くらいの年齢差であれば、マッチングする確率が高くなるの?

あなたは申し込みをするとき、「お相手との年齢差は何歳くらいだったら会ってもらいやすいのかな?」と疑問に思うかも知れません。

申し込みを受ける側が、どのくらいまでの年齢差までなら許容範囲と考えられるのかは人によって異なります。

一般的に女性は自分より年下の男性よりも、年上の男性に対しては許容範囲が広いことは確かです。

申し込みをして女性から了承されやすい年齢差は、女性からみて年上ならば2~3歳、年下ならば1~2歳です。

上記以外の年齢差ではダメというわけではなく、許容範囲が広い(年齢にはこだわりがない)女性もいます。

だからもしも、あなたが気になる女性の年齢が+5歳から-5歳の年齢差であれば、アタックしてみる価値は十分にありますよ。

婚活パーティーや婚活アプリでのアプローチしたい年齢は?

パーティー

婚活パーティーでも婚活アプリでも、お相手との年齢差は前述したように女性がお見合いの申し込みを了承しやすい年齢差と同じです。

ただ婚活パーティーの場合は、年齢差よりも「会って話してみて、どう思ったのか」を最優先に考えてみるのがよいです。

その理由は年齢というのは、その人の要素の1つに過ぎないからです。

それよりも「楽しく話ができた」とか「相性がよいと感じた」などの、その人との波長がどうだったのかを重視して考えた方がよいといえるでしょう。

私見として大切なのは年齢というこだわりではなく、相性のよさが一番大切だと思うから「年齢が希望する条件と合っていない」という理由でNGなのは もったいないです。

年上の女性からアプローチされた(したい)場合は、どう考えたらよいの?

一般的に男性の場合は自分より年上の女性よりも、年下の女性に対して許容範囲が広いです。これは女性とは正反対の傾向ですね。

婚活アプリを使った婚活では、年上の女性からアプローチされることもあるかも知れません。

また、お相手のプロフィールを見て「お見合いの申し込みをしてみようかな?でも、年齢が僕より年上なことだけがネックだな」そんなふうに思うこともあるでしょう。

でも、ここで簡単に「NO」とか「お見合いの申し込みを辞めよう」と思わないことが大切です。その理由は年上の女性と交際・成婚することにもメリットがあるからです。

年上女性と交際・成婚することのメリットを3つ挙げてみますね。

  • 包容力・おおらかさがある
  • 面倒見がよく時には積極的に、リードしてくれる
  • 悪いところや改善した方がよい点に関して、きちんと伝えてくれる

婚活の場では多くの場合「男性がリードをする」というのが前提になっています。でも女性が年上の場合は、そんな こだわりの程度も低いです。

だから「男なんだから僕がしっかりと、リードしなくちゃ!」という気負いが少ないので自然体でいられる。これが「居心地がいいな」と思える理由ではないかと思えるのです。

実際の事例については、以下の記事でご紹介しています。(年上の女性に会ってみたら、気負いがなく自分らしくいられたという人の例です)

あわせて読みたい記事
年齢にこだわらず婚活し、みごと成婚
婚活の相談に乗っていると男性は年下の女性を好む傾向が強いと感じます。若さという面とリードしやすい、つまり自尊心が満たされやすいという面...

自分の年齢よりも8~10歳くらい年下の女性にアプローチしたい時は?

窓際にいる女性

男性が30代後半の場合は、8~10歳年下の女性にアプローチしたいなと思う場合もありますよね?

そんな時に心掛けたい4つのポイントを ご紹介します。

  • おおらかに、どっしり構えてレディーファーストな振る舞いができる
  • 包容力と優しさがある
  • 落ち着いて謙虚に振る舞うことができる
  • 未来に向けて明確に「こうしたい」、「ああしたい」という将来の設計図がある

これは決して難しいことではありません。

例えば お見合いの場所が喫茶店と決まった場合に女性が座る椅子を引いてあげる、メニューを開いて先に渡す。

デートのときならばエレベーターの乗り降りを女性が先になるように配慮する、歩くときは女性が車道側にならないようにするなどの簡単で、小さなことの積み重ねで十分です。

大切なことは女性に「僕は あなたのことを大切に思っています」と きちんと伝わっていることです。

あなたの誠実さや優しさは必ず、以心伝心して女性に届きますよ。

そして女性が知らないことや失敗したことに対して「そんなことも知らないの?」と言ったり、その思いを表情にださないことが大切です。

あなたは すでに知識があることや経験があることでも見せつけず、丁寧に教えてあげたり、フォローできるとよいですね。

そして未来に向けての目標が きちんと設定されていることは女性にとって信頼と安心につながります。

まとめ:年齢は1要素。重要なのは相性

婚活に取り組む中で年齢は、その人の要素の1つに過ぎません。

一番大切なのは お相手の人間性であり、あなたとの相性です。

お互いの性格や価値観が合い、尊敬できる人であれば年齢差は特に問題になるものではない、そう思うのです。

アメリカの作家で詩人のエラ・ウィーラー・ウィルコックスは、こう言っています。

「年齢なんか単なる思い込み。こちらが無視してしまえば、あちらだって無視してくれる」と。本当に、その通りですよね。

 コメント/質問、お気軽にどうぞ。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

すごろくノート術の活用

婚活の進め方で迷うなら、すごろくノートを活用してステップを明確にしよう

お見合いをする方法

お見合いは、どうやってするの?お見合いする方法を解説するよ

婚活がうまくいかないときは活動場所を変える

婚活がうまくいかない男性に教えたい、2つのポイントと活動場所

婚活アプリで、うまくいかないときに確認したい3つのポイント

婚活とは?

婚活とは? どこでどんな活動をすればいいの?

お見合い婚の良さとは?

結婚するなら恋愛とお見合い、どっちがいいの?お見合いの良さとは?

テキストのコピーはできません。