婚活するには遅い?中高年(50代↑)の婚活はシニア専門がおすすめ

シニア世代の婚活

こんにちは。元マリッジカウンセラーのエレナです。ハートマーク

婚活を始めるのが中高年になってしまうと「もう、遅いかな?」と不安になってしまう人も多いです。でも安心してください。婚活を始めるのに遅いということはありません。

結婚できる年齢の下限は決まっていますが、上限は決まりがありませんよね?

実は今、50代より上のシニア世代で婚活する人は未婚率と離婚率の増加によって増えているのです。

そこで今回はシニア世代の婚活事情と、おすすめの結婚相談所などについて紹介します。

シニア世代の婚活

シニア専門の結婚相談所を利用した方がよい理由は?

シニア世代の婚活の対象者は40~60代を中心とすることが多いですが、20~30代の人と婚活の仕方を変えた方が上手くいきやすいです。

それには2つの理由があります。2つとは結婚に対する考え方と結婚に求めるものの違いです。

結婚に対する考え方の違い

20~30代の婚活の場合は「これから新たな人生(生活)を2人で築いていく」という考え方が強いので、収入面や妊娠・出産といった家族計画を含めてお相手探しをします。

でも、シニア世代の婚活は「今まで頑張って生きてきたけど、やっぱり、ずっと1人で過ごすのは寂しい」、「少し先の将来のことを考えると不安と孤独しかなく、耐えられない」と思われて支え合えるパートナーがほしいと婚活を始める人が多いです。

結婚に求めるものの違い

20~30代は結婚 = 入籍の人がほぼ100%です。

でも、シニア世代では結婚 = 入籍のほかに事実婚・通い婚・週末婚などを選択する人もいます。「結婚 = 入籍という型に限定しない形で、パートナー探しをしたい」と考える人もいるのです。

これは本人がそう望まれてのこともありますし、家族などの事情によって通い婚・週末婚がベストだと考える場合もあります。

シニア世代が婚活で求めるものは、心が安らげる穏やかな暮らしや経済的な安定であることが多いです。

シニア世代の男性でも20~30代の女性が理想という人がいますが、20~30代の女性は同年齢~7~8歳年上くらいまでの男性を希望します。

このような理由からシニア世代の婚活は、シニア専門の結婚相談所を利用した方が上手くいきやすいと言えるのです。

40代~50代の婚活でも遅くない。中高年から婚活する人が増えた理由

晩婚化が社会問題になるご時世ですが、40代まで未婚のまま来てしまったという人も本当に増えてきました。一応、この記事は50代よりも上の方に向けて書いていますが、晩婚化を語る上で40代についても触れておきます。

私見として、40代~50代で婚活する人が増えた理由は3つあると考えます。

  • 時代の流れによって、価値観が大きく変化した
  • 生き方の自由度が上がり多様化した
  • 有名人や芸能人も晩婚の人が増えた

1つずつ説明しますね。

時代の流れによって、価値観が大きく変化した

今から20~30年前くらいまでは「○歳くらいまでには結婚して子供がいて、というのが当たり前」と考えるのが一般的でした。

「普通はね」、「一般的にはね」、「大多数はね」という枠の中に当てはまっていれば安心できたし、結婚適齢期である若いうちに結婚した方がいいんだという固定観念が支配的だった時代もあったのです。

でも今の時代は、この価値観が当てはまらなくなっています。平均寿命が延びて人生100年といわれるようになり、継続的に医療や介護に依存しないで自立して日常生活を送れる期間も長くなっています。

堅実な道を選んで歩んでいった方が安心できる、という考え方が間違っているとは言えません。でも、その堅実な道以外を選択したら認められないというのも少し違っているかな、と思うのです。

堅実な道を選ぶというよりも、あなたが一番、あなたらしく生きられる生き方を、きちんと自分の頭で考えて試行錯誤しながら生きていくようになったのではないかと思います。

生き方の自由度が上がり多様化した

労働面を考えても定年の年齢の引き上げ・廃止・定年後の再雇用など、定年後の雇用形態が大きく変化しています。

こんな時代だからこそ「こうあるべき」という、生き方についてのマニュアルや王道は存在しなくなったのではないかと思うのです。

前述した労働面では「○歳までは働く。○歳からは年金暮らし」などを選択するのも1つ。恋愛面では「中高年になっちゃったから、もう恋愛なんてしないよ」と決めつける必要はありません。

「恋愛に年齢は無関係。中高年になっても恋愛する可能性は十分ある。恋愛につながるような出会いを求めることも、選択肢の1つに入れてもいい」のです。

有名人や芸能人も晩婚の人が増えた

晩婚化は一般人だけでなく、有名人や芸能人にもみられます。晩婚になってしまった原因は人によって異なるでしょう。でも、仕事に誠実に向き合っているうちに現在の年齢になってしまった、という人が多い印象です。

シニア世代で婚活をしてみようと思われる人の中には離婚経験があり、苦労を重ねた中で再婚を決断する、という人もいるでしょう。

私見として「寄り添う」という言葉が多く使われるようになったのは、2011年に起きた東日本大震災以降ではないかと感じています。

寄り添うという言葉の意味は2通りです。1つは身体や心に痛みや悩みを抱えている人・苦しんでいる人などに寄り添うこと。2つめは相手が置かれている状況や場面から、相手の気持ちを想像して汲み取るという意味でも使われます。

前述した2項目に加えて自分の人生を振り返り、そして今後の人生を考えたとき「寄り添ってくれる人がいたら、いいだろうな。今後は、そんなふうに生きられたらいいな」と思う人が増えたのではないでしょうか。

シニア世代の婚活におすすめの結婚相談所は、どこ?

喜ぶ50代の男性

ここまでに述べてきたとおり、シニアの方が婚活をするならシニア専門のところを利用することをおすすめします。

中でもシニア世代の婚活の場としておすすめできるのが、茜会とオーネット スーペリアの2つの結婚相談所です。

茜会はシニア世代の婚活を専門にしている結婚相談所で、60年近い歴史がある老舗の結婚相談所です。

シニア世代に特化し積み重ねた経験や実績、知識は高い知名度と信頼を得ています。店舗は東京・横浜・大阪の3店舗ありますので、エリア内にお住まいなら茜会が断然いいです。

シニアの婚活「茜会」は、こちら

またオーネット スーペリアも中高年を専門に扱う会員さんが中心の結婚相談所です。名前の通りオーネット系列で、知名度が高く安心感があります。こちらも店舗は東京・大阪・愛知の3つで、茜会がカバーしていない愛知エリアの方は、こちらがいいでしょう。

オーネット スーペリアは、こちら

なお茜会もオーネット スーペリアも今のところ都市部に3店舗しかありません。エリア外の方やそのほかも検討してみたいという方は、「婚活・結婚おうえんネット」を利用してみてください。

「婚活・結婚おうえんネット」では20代~70代までの年代別6パターンで、あなたにぴったりの結婚相談所だけに資料請求できるようになっていますよ。

結婚おうえんネットは、こちら

まとめ:結婚する=幸せの1つなのは事実

中高年のシニア世代になって婚活を始めたとしても、決して遅くはありません。今、時代は大きく変化しています。

「○歳になったから、こうであるべき」という考え方よりも、あなたが自分らしい生き方を求め、進みたいと思う方向に進み挑戦することが大切です。

せっかく生まれ、せっかく生きて、せっかくだから自分色の人生を送りませんか?

結婚することが幸せの1つといえるのは事実です。だからこそ、シニア世代は上手くいく可能性が高い婚活の場で婚活に取り組むことが大切です。

人生の折り返し地点だからこそ今後、寄り添ってくれるパートナーを探すことに意味があるのです。

 コメント/質問、お気軽にどうぞ。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

結婚相談所 大手のツヴァイなら成婚料がいらず、メリットも多い

ブライダルネットは、どんな人におすすめ?婚シェルサポートが魅力

婚活アプリに向く人

婚活アプリ/サイトでうまくいくのは、こんな人。アプリ選びのポイントも

エン婚活エージェントは、コスパ最強

エン婚活エージェントは、どんな結婚相談所? オンライン完結がウリ

婚活パーティーならPARTY☆PARTY

婚活パーティーは、どこがいい?迷ったらIBJのPARTY☆PARTY

婚活パーティーに向いている人

婚活パーティーとは? 向いている人はどんな人?おすすめは、ここ

テキストのコピーはできません。